スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから2年

東日本大震災から2年経ちました。
犠牲になった方々のご冥福をお祈りいたします。

あれから時が止まった事柄もあるし、ガラッと変わってしまった事柄もある。
何を言っても誰かを傷つけたり、誰かを不快にしてしまうかと思うと、公共の場では本音を語ることはできなくて。
思いが大きくて複雑で自分の本音もコロコロ変わってしまって、結局私は何も言えなくなる。

だからこそ、日記で、本音を記していってみようと思います。

まず、個人的な感謝をしたいことがあります。
今までテレビや新聞やネットで、「福島」に対してのバッシングをたくさん目にしました。
腹が立ったり、悲しかったり見るたび傷ついたのは確かですが。
しかし振り返ってみると、私個人は、ネット上でも実生活でも酷い言葉を投げかけられたことは、ただの一度もありません。
投稿サイトのエブリスタでは、コミュニケーションがあった方々からは、心配や励ましの伝言をたくさん頂きました。
千葉東京の友人からは心配や、「支援物資送ろうか?」という気遣いのメールを貰いました。
支援物資で日本とアメリカの水も貰いましたね。

そのことに対して、改めて感謝申し上げます。
ありがとうございました。

まあ、住んでる場所を聞かれて「福島です」と答えたら空気が凍ったことはありますが(笑)
嫌な言葉に惑わされて、自分が受けた優しさを忘れてはいけないんだと、今ならきちんと振り返ることができます。

他にも、ボランティアの方や警察や消防の派遣されてきた方々、自衛隊の方々、犬猫を救助してくれた方々、募金をしてくれた方々、原発の収束作業の方々…、ここに書ききれない、たくさんの「福島」のために活動してくださった方々。

いろんな方々に感謝しなければいけないです。
ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。